光と影の陶紙展 終了

2週間続いた『光と影の陶紙展』は、期間中は雪も降る寒さの中たくさんの方にお越しいただき、賑やかにしていただきました。

ご来店の皆様、本展示への参加を快諾いただいた作家の品田さん、見野さん、本当にありがとうございました。

 

そして店内も日常へ。

やっぱり落ち着きます。

日常が良いものだと感じれるのは、非日常があるからこそ、と思います。

しばらくはレイアウトを変更するような展示イベントもありませんので、通常通りテイクアウトとイートインの両方をお楽しみいただけます。

そしてお店が日常に戻ったタイミングで、2ヶ月インドで修行していた嫁さんも帰国しました。

家もまた日常へ。

本日も宜しくお願いいたします。